藤小僧の写真ブログ

街と花とK20Dと私

夜への入り口

IMGP6266

IMGP6449

しばらく続けた花シリーズはちょっとおやすみ...
(あまり自信のある写真が撮れなかったのです)
というわけで久々のスナップの投稿。

ずっと私は夜=闇だと思っていましたが、最近ふと違うことを考えました。
東京のど真ん中に住む私は、途中で暗い道を通るけど、最終的に明るい家を目指して歩いています。
暗いところって、怖いし寒いし、街灯だけでは物足りない気がするのです。
光を見つけるとホッとする。

夜は暗い時間帯なのに、私は光を求めている。
私にとっては夜=闇というより光だったのかもしれません。

なんだか、以前見かけた写真の意味が少しわかりかけた気がします。