藤小僧の写真ブログ

街と花とK20Dと私

上野にて

先日,東京都美術館で開かれている新印象派展を見に行ってきました。



新印象派 光と色のドラマ|東京都美術館 2015年1月24日(土)-3月29日(日)


この展覧会のためというわけではないのですが,昨年は美術史を少し勉強していました。勉強している最中は知識を頭に叩き込むのが苦しくて苦しくて仕方がなかったです... しかし,実際に新印象派展へ行ってみると,目に飛び込んでくる絵の多くに見覚えがあったり,画家の名前を見てその画風が生まれた背景を思い出したり,いつもは何も準備しないでとりあえず展覧会を見に行く私には新鮮な体験ばかりでした。


多分いつも通り何も準備しないでこの展覧会を見に行ったら,印象派から新印象派,そしてフォーヴィスムへと続くつながりを意識することすらできなかったと思います。学問的な視点から美術作品を鑑賞するのもおもしろいですね。



そして帰り道に,久しぶりに上野駅から少しだけ歩いてみました。本当は上野駅から神田駅まで歩き通すつもりだったのですが,都美から出てきたらいつの間にか厚い雲が広がっていて,風も冷たくなっていたので,御徒町駅まで歩いて断念しました...


405 - wisteria2-kozo


それにしても,街歩きをする度にいつも気になっているのですが,最近"オシャレ"なお店が増えてきましたね。上野駅に着いてガード下に出てみたら,見慣れた風景の端っこの方に場違いなほど"オシャレ"な真っ白いユニ○ロの建物があるのが見えて,ギョッとしたのと同時に,少しウンザ... いえ,なんでもありません。


きっとお買い物が目的でいらっしゃる方にはあると便利なのかもしれませんが,街歩きがメインで買い物は二の次な私からすると,どうしてこうも空気の読め... すみません,今の発言はなかったことにしてください。


上の写真のところもやはり"オシャレ"なショッピングストリートにいつか生まれ変わるのでしょうか。街が時代と共に少しずつキレイに,オシャレになっていく様子は,見ていておもしろいとは思いますが,ちょっぴり寂しいと感じるところもあるような気がします...