藤小僧の写真ブログ

街と花とK20Dと私

日常だけど非日常な風景

なんかあるけどやっぱりない感じ

久々に阿佐ヶ谷へ行って来ました。目的はカフェ。 やっぱり家よりカフェのほうが落ち着く... あまり長居出来無いのも、作業の効率を上げるのに一役買っています。そんなわけで非常に有意な時間を過ごせた(と自分では思っている)のですが、帰り道で異変に気づ…

雑司が谷を歩く vol.3

先日風邪を引いているという記事を書きました。 そこから完全復活まで約1週間かかりました... 体力が落ちてきているのかも... そんな私も、今日からやっとゴールデンウィークに突入です!さて、昨日は再び雑司が谷を歩いて来ました。 前回歩いたのが1月。つ…

実は地元のことについてよく知らない

よく東京を歩きまわったりしている私ですが、今日あることに気づきました。「ここにはこんな建物があったんだ」 「この駐車場には貸し倉庫も付いていたんだ」 「この道を抜けるとここに出るんだ」よく知っているつもりだった自分の地元。 でも実際は、私はそ…

夕方の光

最近本当に日が伸びてきましたね。 いつも日の出ている内に帰宅する私ですが、 今の時期、帰宅する頃には柔らかい西日が差し込んでいて、 カメラを構えずにはいられなくなります。少し前には季節外れの暑さに悩まされたということが 信じられないくらい、と…

雨上がりの街と花と

爆弾低気圧が襲来していますね。 東京でもまず風が強くなって、雨も降りだしてきました。ちょっと前にも暴風雨がありました。 あれに匹敵するどころか、今回はそれを上回る暴風雨になるというのですから、驚き驚き... 今日の投稿は前回の暴風雨が上がった時…

お花見と街の散策と

前回の記事:お花見この記事を投稿した日、更に街の中を歩いてみることにしました。 川を隔てた反対側。近いのにあまり行ったことがありません。

夜への入り口

しばらく続けた花シリーズはちょっとおやすみ... (あまり自信のある写真が撮れなかったのです) というわけで久々のスナップの投稿。ずっと私は夜=闇だと思っていましたが、最近ふと違うことを考えました。 東京のど真ん中に住む私は、途中で暗い道を通る…

東京の春の訪れ

東京の冬はとにかく晴れます。 豪雪地帯が雪で苦しんでいる一方、関東一円は真っ青な空が広がり、雲1つできません。そんな東京では、空がよく曇ったり、降水が多くなってきたりすると、春が近づいているんだなーと感じるのです。すごい人は木を見ただけで、…

やっぱり雨の日が一番好きです。 写真とか撮っていてよく感じます。乾燥しきった冬のある日、雨がさっと降って、東京を潤して行きました。よく私の写真を見た人に下を向いた作品が多すぎやしないかと言われます。 まったくその通り... 基本的に私の写真の視…

...焼けではありませんが、夕方の写真です。今日も綺麗な夕焼けだったので撮ろうと思ったのですが、いつも通り撮ったのでは面白くない、もっと不気味に撮ってみようと思い、こんな写真になりました。 なんか、別にこの時間帯に頑張って撮るようなものではな…

久しぶりに夕方に帰宅

ここのところ特に用事とかはなかったのですが、なぜか帰宅時間が遅くなってしまい、夕方に写真をなかなか撮りに行けませんでした。 どういうわけか、今日は突然早めに家路につくことができたわけです...今日は東京はすっきり晴れて、つい最近までの寒さが嘘…

再び雑司が谷を歩く

街の営みとは本当に面白いものです。 一方ではせいぜい2階か3階の建物が立ち並び、住民の生活の中心となっている。 大通りに出ればビルが立ち並び、そこでは商業が中心となっている。あまり東京のことに詳しくないので断言できませんが、なんだか雑司が谷の…

恵比寿

昨日出かけた東京都写真美術館のある恵比寿の街を撮りました。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

雑司が谷を歩く

時間に余裕があったので、昨日午後に雑司が谷を歩いてみました。 ほんの少し、駅まで遠回りしただけですが、かなり疲れました... この日はぐっすり寝れました。

ある日突然...

いつも通っている道でも新たな発見はいくらでもできる。 それは昔からあったものに今更気づくというパターンも多いが、こんなパターンもある。いかにも古めかしい公衆電話。 10円玉と100円玉の投入口が分かれていた。 これがリサイクルショップに陳列されて…

日常だけど非日常な風景へようこそ...

このシリーズでは日常生活の写真を撮っていこうと思います。日常は日常でも非日常---自分で書いていて矛盾していることはわかります(笑) でも他に表現が思いつかなかったのです。 一見なんの変哲もない日常の中にも特別なことで溢れていることを言いたかっ…

タイムスリップ

人間の目が見ることの出来る範囲は限られていますが、写真に収めることが出来る範囲は更に限られています。 私は不便と感じることのほうが多いですが、今日はその感覚を克服すべく、こんな写真を... 街の一面を誇張して伝えるためにその性質を利用してみまし…

ごみ当番の蟻?

少し前に家の近くで発見しました。 胴体にごみ収集の案内板をさげている蟻。一体なぜここに... そして蟻のバランス感覚にも驚き。 最近は見ていませんが今頃何をしているのでしょう。 ごみと一緒に回収されてしまったのか、それとも...